資料請求

販売区画はこちら

閉じる

ランドプラン

安心・安全な街 育っていく心って、どんな気分?

この街のストリートはやさしさ優先、幸せを見守る目が行き届いています。

子どもが健やかな街は大人にもやさしい。
人や自然が主役の街は良好な隣人関係を育む。
ようこそ、やさしい街「ブルームガーデンのぞみ野」へ。
この街には今も将来も安心して暮らすための工夫があります。
安全を第一に考えた道路計画や施設配置によって、
幸せな気分がずっとずっと続きますように。

走行スピードを抑制する工夫など、人と車の心地よい共存をめざした道路計画。

住まう方々の生活空間となるコミュニティ道路は、ふれあいの場としてはもちろん、安全性に配慮してさまざまな取り組みが行われています。例えば歩車共存という発想。車道、歩道の区別をなくし、常に歩行者優先という考えに基づいて設計しています。具体的には車のスピードを抑制するために、緩やかに蛇行させたり、道路の色調を変えたり。さらに自動車の出入口を5カ所に限定するなど、外からの通過交通の軽減を図るよう工夫しています。

幅員10m〜31m、緩やかなカーブを描くコミュニティ道路。

コミュニティ道路は幅員10m以上の広さと車のスピードを抑制する緩やかなカーブが特徴。歩道と車道を区別せず常に歩行者が優先されるよう配慮しています。


通過交通を抑制する5ヶ所のエントランス。


車の出入口は5ヵ所に限定。街区外からの車両の通過交通を軽減し、住まう方々が安心して利用できる道路空間を実現しています。


人と自転車の利便性に配慮したフットパス。

歩行者と自転車だけが通行できるフットパスを要所に設置。歩行者の出入りを便利にしながら車両の通行を制限することで、お子様やご年配の方の安全面にも配慮できます。


隠れ場所をつくらないオープン外構。

各戸の庭は道路側から死角となる場所を少なくするオープン外構を採用。通行人の目が行き届きやすいことで、空き巣などの不審者が隠れる空間を排除し、街全体の防犯性を高めています。


通学路にもなる幅広い歩道。

街区南側と街の中心を南北に走る歩道を再整備し拡幅しました。通学路としての安全性を高めるとともに、照明を設置するなど周辺地域への安全・快適性にも配慮しています。


LED照明を採用した街路灯・防犯灯。

街路灯・防犯灯には地球環境に配慮して、省エネ、長寿命のLED照明を採用。犯罪やトラブルを抑制するために、死角をなくした明るい街づくりを実現しています。


暮らしの安心を見守る地域の交番。

街区内に地域を見守る交番があり、警察官が駐在することで安心感を高めます。


大規模分譲地のぞみ野を
分かりやすくご紹介