資料請求

販売区画はこちら

閉じる

街づくりのルール

二瓶 正史

景観コーディネーター

二瓶 正史

アーバンセクション代表/一級建築士/法政大学兼任講師/

日本中に多くの戸建て住宅地を計画・設計している専門家。
それらの良好な環境の住宅地は時を経るとともに魅力的な住宅地へ成長し、極めて評価が高い。
平成11年度グッドデザイン賞アーバンデザイン賞受賞。
平成16年度すまい・まちづくり設計競技受賞など。

地区計画とは
街づくりのルールの骨格となる姫路市と定めた計画です。戸建住宅を中心とした低層住宅地としての良好な住環境を守るために、それに相応しくない建物を制限することを目的としています。建物の用途、敷地に対する大きさ、高さ、道路からの壁面の位置の制限など基本的な事項が定められています。
景観協定とは
美しい街並み景観を形成するため、「ブルームガーデンのぞみ野」に相応しいよりきめ細かいルールを定め、住まう人同士で守る協定です。ルールは、建築物等に関する基準から、敷地・外構に関する基準や、緑化に関する基準にまで至り、総括的に価値のある街並み景観をつくり育てるためのものです。
景観形成指針とは
美しい街並み景観を形成・維持するため、地区計画や景観協定の他に定めた「ブルームガーデン のぞみ野」独自の指針。