資料請求

販売区画はこちら

閉じる

街づくりのルール

建築に関する主なルール

道路沿いにはシンボルツリーをはじめ、生垣や植栽による積極的な緑化を推進。
街全体としての緑の景観形成はもちろん、お隣にも配慮した外構計画を実現します。
また、入口には常夜灯を設置してやすらぎのある景観形成をめざします。

地区計画とは? 景観協定とは? 景観形成指針とは?

壁面後退

一部地区計画関連事項

景観協定該当事項

道路側を緑化し、隣家とも良好な住環境をつくります。

ルール

地区内の道路境界の場合・・・1.5m以上
ただし、宅地の奥行きが13m以下の場合は、1m以上とします。
外周道路及び緑道の場合・・・1.0m以上
隣地境界の場合・・・1.0m以上

緩和ルール

1.壁面後退において、外壁又はこれに代わる柱の外壁面の長さの合計(a+b+c)が3m以下の部分については、壁面後退を緩和することができます。道路境界線の場合は0.7m以上、隣地境界線の場合は0.5m以上とすることができます。
2.壁面後退距離に満たない距離にある建築物又は建築物の部分が次の各号の一に該当する場合は、この限りではない。
物置等で高さが2.3m以下かつ床面積の合計が5㎡以下のもの

建物高さ

一部地区計画関連事項

景観協定該当事項

2階建を前提に、隣家に配慮し、良好な街並みや住環境を形成します。

ルール

建築物などの高さの最高限度…建築物の各部分の高さは、当該部分から全面道路の反対側の境界線、又は隣地境界線までの真北方向の水平距離が2m以内の範囲にあっては当該水平距離の1.25倍に5mを加えたもの以下とし、当該真北方向の水平距離が2mを超える範囲にあっては、当該水平距離から2mを減じたものの0.6倍に7.5mを加えたもの以下とする。

・建物絶対高さ・・・10.0m以下
・建物軒高・・・8.5m以下
・建物基礎高・・・1.0m以下
・宅地土盛・・・0.1m以下

屋根

一部地区計画関連事項

景観協定該当事項

調和した屋根並みにより、街としての景観価値を形成します。

ルール

・屋根の形態は、切妻や寄棟などの勾配屋根(2.5/10~6.5/10)を基本とする。
・片流れや2階屋根面積の 1/2以下の部分的な陸屋根も可とする。但し、陸屋根の最高高さは7m以下とする。
・屋根の色彩は、無彩色若しくはその近似色(明度3.5以下、彩度1.0以下)または茶系色(YR系色相で明度3.0以下、彩度2.5以下)とする。
・屋根アンテナやこれらに類する工作物については、建築物の軒の高さを越えないものとする。
・太陽光発電パネル及び給湯パネルを設置する 場合は、屋根面から離隔して設置しないこととする。

外壁

一部地区計画関連事項

景観協定該当事項

街並みの調和と家の個性を発揮します。

ルール

主たる外壁の色は、落ち着いた色調とする。(Y系、YR系、R系の色相の場合は彩度6以下、 その他の色相については、彩度1.0以下とする。)
但し、各外壁面の1/5以下の外壁面積ならば、上記以外の色彩をアクセントで使用できる。

居室配置と窓位置

景観形成指針

隣家同士の居室の配置と窓の向き合いを調整し、相互に住み良い環境をつくりましょう。

指針

公園や緑道に面する場合は、その良好な環境を活かし、居間、ダイニング、子供部屋等の生活居室を配置するように配慮することが望ましい。

相隣関係

景観形成指針

良好な環境を活かした居住空間を創出しましょう。

指針

隣家の生活の主要な場である居間や食堂などの窓から、浴室の窓と近接して向き合ったりしてプライバシーの侵害にならないよう、 住宅の設計段階で可能であれば、周辺の家の窓の位置関係を確認し、隣家と良好な関係が保てるよう、間取りや窓の配置を調整することが望ましい。

北側立面

景観形成指針

良好な沿道景観を形成しましょう。
北側の隣家に対しても、気持ちよく生活ができる環境をつくりましょう。

指針

北側立面は、浴室やトイレに面することが多く、閉鎖的になりがちであるが、間取りや窓の位置、大きさ、形状等を工夫し、花台を設けるなど、より開放的で良好な景観を形成するように配慮することが望ましい。

※掲載の各イラストは図面を基に描き起こしたもので、色彩・形状・景観等、実際とは異なります。