資料請求

販売区画はこちら

閉じる

街づくりのルール

その他のルール

地区計画とは? 景観協定とは? 景観形成指針とは?

専用住宅としての環境づくり

一部地区計画関連事項

景観協定該当事項

良好な住環境を守ります。

ルール

建築物の用途は、原則、戸建専用住宅とし、店舗併用住宅は禁止する。但し、延床面積の1/2未満かつ、50㎡以下の学習塾やアトリエなどは可能。

物置設置場所

景観協定該当事項

通りの景観に配慮します。

ルール

  • 道路から見えないような場所に物置(一坪程度)を設置する。
  • 北入り宅地の北側など、道路の通り沿いに設置する場合は、植栽などで見えないようにする。

看板

景観協定該当事項


街並みの美観を保ちます。

ルール

広告物又は看板(建物に設置するものを含む)を設置する場合は、自己の用に供するものに限定する。ただし、次のいずれかに該当するものは設置することができない。
1.道路から1m以内、宅地地盤面から3m以上の場所に設置するもの。
2.広告物又は看板の面積が0.7㎡以上のもの(複数ある場合はその合計)
3.意匠、色彩などが周辺の美観、風致を損なうもの。

※掲載の各イラストは図面を基に描き起こしたもので、色彩・形状・景観等、実際とは異なります。